得体の知れぬ疲労感、体調不良の原因イオンにある

電磁波がもたらす影響については、古くから研究が行われてきましたが、普段の生活で使う電気製品の磁界が人体にもたらす影響に関しては、統一見解が得られるまでに至っていません。そこで菅原研究所は川大学工学部電子工学科の寺沢充男教授と協力して、日常、よく使用される商用周数である五○(ヘルツ)の電磁場での生体の影響を調べました。(『信学技報』2001-3)。「まず、一四週齢のラット一○匹を、電磁波に曝すグループと曝さないグループに、それぞれ五匹ずつ分けます。電磁波に曝すグループは、周波数五○北、磁界の強さ五○○mG(ミリガウス)のなかで、一日に二時間被爆させることを一ヵ月間続けます。

この結果、電磁波を被曝したグループは、被曝しなかったグループに比べ、血液の過酸化、小脳と脳幹における脂質の過酸化が有意に大きくなりました。つまり、これらの条件下であっても、電磁場環境が生体に悪影響を及ぼすことが明らかになったのです。脳が酸化するというのは、活力の源が元気を失ってしまうということです。疲労しても休息や栄養によって日々新たに再生される体の全てを司るのが脳です。脳の過酸化が常的になれば、それによって得体の知れぬ那労感や、体調不良が引き起こされるのは当然のことでしょう。

現代の生活には、脳を過酸化させるあらゆる危険がいっぱいです。この環境に家庭でも、職場でも、通勤時間帯にも二十四時間曝されている現代の私たち。何となく疲れてやる気が出ないとか、頭痛、生理痛、腰痛、自律神経失調症、不眠など、原因が特定しづらい症状を抱える人が激増するのには、このような背景があるのです。

花粉症はなぜふえたのか

花粉症が、一般的に認知されるようになったのは、ここ数年のことです。しかし、それ以前から、似たような症状を訴える人もいました。当時は、単なるアレルギー、あるいは鼻炎とか、目の感染症である結膜炎として治療を受けていたかもしれません。「しかし、いつの間にか、春になると多くの人に一斉に起こるアレルギー、いわゆる「スギ花粉症」として治療されるようになりました。しかし、この独特なアレルギーは、いつ頃から日本に増えてきたのでしょうか。花粉症患者の増加と、日本の環境悪化とは何か関係がありそうです。アレルギーは、ほこりやダニなどが呼吸によって体内に吸い込まれ、これを異物と認知した免疫機能が、ヒスタミンなどを過剰に出すことで起きる症状であることを説明しました。花粉症の場合は、ほこりやダニに当たるアレルゲンが、スギ花粉や、その他、ブタクサなどの植物の花粉です。日本にスギの木が異常に多いのは周知の事実ですが、他の雑草などでも、簡単にアレルギーを起こしてしまう人が増えたのはなぜでしょう。

この原因は、大気汚染などの複合汚染だと言われています。人間の免疫機能は、自然界にあるものに対しては、長い年月をかけてうまく機能するよう順応してきたのですが、これに化学物や、外からいたら、れる、これまで1人が口にしたことのなかった食品などが加わり、体の免力機能のプログラムが混乱してしまっているからと思われます。花粉症が激烈に増加し始めた二〇年前は、初めて光化学スモッグが発生した頃です。現在では、注意報が発令されるまでもなく、風のない、夏の暑い日には、都市部で常時といってよいほど光化学スモッグが発生しています。ここ数年、花粉症の人が激増している一因に、大気中のプラスイオンが、かつてないほど増えているからではないかと予測されます。マイナスイオンが多ければ空中のほこりや花粉はマイナスイオンにキャッチされ、地面に落ちます。ところがマイナスイオンが少ないうえに、アスファルト舗装で花粉が何度でも舞い上がってしまうのです。

では、家の中に隠れていればよいかと思えば、外気を取り入れるクーラーは、完全に化学物質を除去できないばかりか、掃除の行き届かないフィルターは、ダニやほこりの巣で、これが室内にばらまかれてしまうという、二重の汚染が生まれてしまうのです。最新式のものでは、フィルターによるこれらのほこりやゴミをかなり取り除けるようになりましたが、古いものではなによりもまめな手入れが大切です。

女性らしくには

女性らしくなるにはマイナスイオンが大事。だって、お肌が荒れると美人じゃなくなりますから。でもお肌にこだわるだけで良いの?いいえ、私はやっぱり女性の魅力はバストにもあると思うんです。だって、男性の視線をごらんなさいよ。皆さん胸元を見ていますよね。胸を大きくするなら、グラマラス美神PREMIUMが一番。胸に塗るだけでバストアップに成功しますよ。
参考サイト:グラマラス美神PREMIUMの魅力